【Anker PowerExpand+ 7-in-1】最強ハブ レビュー

ドラスケ

リモートワークでデスク周りをスッキリさせたい!

先日リモートワークに向けて購入したモバイルディスプレイ周りを整えるために「Anker PowerExpand+」USBハブを購入しました。

この記事の内容
  • Anker PowerExpand+ 7-in-1」の購入理由
  • Anker PowerExpand+」の製品紹介

これまでは「Stechi」を使用していました

Macbook ProにはUSB-Cポートしかないため、Macbook単品で使ってる分には問題ないのですが、やはりディスプレイやマウスなどのPC周辺機器を使用する際には、ケーブル付きのUSB-Cハブが便利です。

元々は「Satechi Type-C アルミニウム Proハブ」を使っていました。これはMacbook Pro単品に直付けするタイプの優秀なハブなので、Macbook Proを持ち運びをする際はこちらを使うようにしています。

Anker PowerExpand+ 7-in-1」を購入した理由

購入理由
  • Macbook Proではなく、Macbook(USB-Cポート1つのみ)で使用したかった
  • 外付けディスプレイを使用する際に直付けではないケーブルタイプが欲しかった
  • ディスプレイ経由しながら充電を行える高出力タイプ(60W)が欲しかった
  • LANケーブルを挿せるものが欲しかった

色んなUSB-Cハブを探し、辿り着いたのがAnker製品の「Anker PowerExpand+」USB-Cハブでした。
Ankerは安くて高機能で優秀ですね。最近はAnker製品にだいぶお世話になっています。

Anker PowerExpand+」製品詳細

これが箱を開けた状態。専用ケースも同梱されていて、持ち運びも考慮されていますね。

側面の1つ目はUSB-Aポートが2ポートあります。
私はリモートワーク用のMacbookにBluetoothマウスを使用したかったのでUSB-Aポートが必須でした。

もう一方の側面は、HDMI端子・SDカード・microSDカードスロット・USB-Cポート(PD)です。

USB-CはPD対応していて、Macbookに最大48Wまでの高出力でフルスピード充電が可能です。

もう1つは高速イーサネット接続のLANポートです。自宅で普段使いしているときはWi-Fiで事足りるのですが、リモートワークにはやはり高速・安定の有線環境が必須なので、これがあるのはありがたいです。

まとめ

LANポートがついているUSB-Cハブを探している方は、オススメだと思います。

リモートワークだけじゃなく、これから自宅で作業する時のマストアイテムになりそうです。