【Beats Solo Pro】ノイズキャンセリングが優秀!Wirelessヘッドフォンでリモートワークを集中モードに!

ドラスケ

自宅で作業をするときに雑音を遮断して、作業に集中したい!

リモートワークで自宅作業が多くなり、やはりガッツリ作業したい時はヘッドフォンだなということで、前から気になっていた「Beats Solo Pro」を購入したので感想をまとめてみました。

この記事の内容
  • 「Beats Solo Pro」の製品紹介
  • 「Beats Solo Pro」の操作方法

「Beats Solo Pro」について

ビーツ・エレクトロニクスから2019年10月30日に発売された新型ワイヤレスヘッドホン「Beats Solo Pro」。オンイヤー型では初のノイズキャンセリング機能がついたヘッドフォンです。

「Beats Solo Pro」の特徴

Beatsのオンイヤー型ヘッドホン「Solo」シリーズとして「Solo3」の次に発売されたヘッドフォンです。
Soloシリーズとしては、初めてノイズキャンセリング機能を搭載しました。

特徴
  1. ノイズキャンセリング機能を搭載
  2. 外部音取り込みモードも搭載
  3. オンイヤー型ヘッドフォン
  4. バッテリー:最長22時間
  5. 急速充電:充電10分で3時間の再生が可能
  6. 充電はLightningケーブル
  7. Apple H1チップを搭載:ハンズフリーでSiri起動
  8. Apple製品とのペアリングが超簡単
  9. カラーバリエーション:全5色

パッケージ+本体

「Beats Solo Pro」の箱を開けるとこのように黒い箱が出てきます(右側)

黒い箱を十字に広げるとキャリングケースが出てきます。ジッパー部分は紙包装が施されていて、こだわりが感じられます。

ヘッドフォンが入っているキャリングケースは持ち運びにも便利ですね。

キャリングケースを開けるとヘッドフォン本体が折り畳まれた状態で入っています。

非常にシンプルで無駄のないデザインです。ヘッドフォン上部には「beats」の文字が刻印されています。

付属品

Appleが販売しているだけあって、パッケージ収納がiPhoneやMacbookを開けるときのドキドキ感があります。

付属品
  • キャリングケース
  • キャリングケース用カラビナフック
  • Lightningケーブル
  • 取扱説明書
  • ステッカー

「Beats Solo Pro」の操作方法

Beats Solo Proのボタンは、音量ボタンを含めて3つのボタンで構成されています。真ん中の「b」ボタンで4つの操作が可能です。

リモコンの操作方法
1回押す再生/停止
2回押す次の曲へ
3回押す曲戻し
長押しSiri起動

左側のイヤーカップ下に「リスニングモード切替」ボタンが付いています。ここでノイズキャンセリング・外部音取り込みモード・OFFの切り替えが可能です。

iPhoneやiPadのコントロールセンターからもノイズキャンセリング・外部音取り込みモード・OFFの切り替えが可能になっています。

ノイズキャンセル機能をオフにした「省電力モード」なら、40時間再生できます。

まとめ(感想)

やはり「ノイズキャンセリング機能」はすごく良いですね。完全に無音になるわけではないのですが、音楽をかけると外部の音をシャットアウトし、作業に超集中することができます。

ノイズキャンセリングは、これだけで買ってよかったと思える機能でした。

今のところデメリットは感じていないですが、オンイヤー型のヘッドフォンなので1日中付けっぱなしとかすると耳が痛くなってくるかもしれませんね。

ノイズキャンセリング機能のヘッドフォンを探している方は検討してみてはいかがでしょうか。